応援の会活動

今後の支援活動について
ジャパンパゴダ応援の会は、日本ミャンマー友好交流協会とも連携して、ヤンゴン市マウビ・タウンシップにあるアンザブタウヤ寺院の活動を応援致します。
これは、ミャンマーが仏教国であるという共通した深いつながりをふまえ、寺院を拠点とする事で、生活の仕組みとして相互に理解協力ができると考えました。
日本の寺子屋の起源と同様に寺院の僧侶と協力して、子供たちを対象に教育のサポートも行って参ります。